ブログ

ダイエットブログ

【しっかり知ろう】ダイエットとゼロカロリー商品(人工甘味料)について

【しっかり知ろう】ダイエットとゼロカロリー商品(人工甘味料)について

甘味があるにも関わらず、ゼロキロカロリーと表示されている商品が、たくさん販売されています。

甘いものにカロリーがないとは、通常考えられないことですが、ゼロキロカロリー商品の場合、砂糖の代わりに人工甘味料によって、甘味を出しているのです。

カロリーゼロで、しかも甘味もあって美味しい、ゼロキロカロリー商品はダイエットに向いていそうですが、本当に太らないのか疑問も浮かびます。

そこで当記事では、ダイエットと人工甘味料を含むゼロキロカロリー商品の関係について、まとめて紹介していきます。

ゼロキロカロリー商品はカロリーがない?

カロリーがゼロというところだけに着目すれば、ゼロキロカロリー商品はダイエットに向いている商品ですよね。

甘味があるのにカロリーはないという夢のような商品には、どのようなカラクリがあるのか気になります。

実は『ゼロキロカロリー』とは、

100mlあたりのカロリーが5kcal未満の場合に表示できる

ということになっているのです。

つまり、実際はゼロキロカロリーではない、ということなんですね。

例えば、100mlあたり4キロカロリーの商品があったとします。

500mlで考えると『20kcal』になるのです。

500ml飲んでも、20kcalなら全く問題ないと感じる人も多いでしょう。

しかし、ゼロキロカロリー商品には、人工甘味料が使われていることを忘れてはいけませんね。

次に、ダイエットと人工甘味料の関係をまとめていきます。

ダイエットと人工甘味料の関係

甘味料は、

  • 天然甘味料
  • 人工甘味料

これら2種類に分けられます。

天然甘味料は、砂糖(ショ糖・スクロース)です。

人工甘味料は、

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • アセスルファムK
  • エリスリトール

などがあります。

アスパルテームとアセスルファムKは、砂糖の200倍の甘味。

スクラロースは、砂糖のなんと600倍の甘味があります。

エリスリトールは、砂糖の70%ほどの甘味ですが、糖質で唯一カロリーゼロという特徴があります。

さらに、甘味があるのに虫歯を作らないというので、驚きですね。

人工甘味料がダイエットに適している点

人工甘味料がダイエットに向いている点を見ていきましょう。

人工甘味料は、カロリーが圧倒的に低いため、カロリー制限ができます。

間食をするときに、カロリーのあるものではなく、カロリーゼロ商品にすることで、減量も期待できるでしょう。

また、カロリーがないため、小腹がすいたときに、さっと食べることができ、空腹で辛い思いをしなくてよくなりますね。

人工甘味料がダイエットに適していない点

メリットがあれば、デメリットもあります。

人工甘味料を摂取すると、体内で急激に血糖値が上がります。

それによって、インスリンが大量に分泌され、体内に脂肪をため込んでしまい、結果、太りやすい体質になってしまうのです。

また、急激に上がった血糖値がその後、急激に低下することによって、食欲が増し、食べすぎてしまう原因となり、太ってしまうことも…。

そして、一番の落とし穴は『カロリーゼロだから』といって、食べすぎてしまうことです。

カロリーが低いといっても、食べすぎは太る原因となりますね。

そして、人工甘味料には、怖い一面もあります。

それが、中毒性です。

人工甘味料は自然甘味料よりも、甘味が強いため、自然甘味料の甘さでは満足できない舌になってしまいます。

それによって、人工甘味料から抜け出せなくなる危険性もあります。

人工甘味料は必ずしもダイエットの敵ではない

人工甘味料にはメリットとデメリットがあります。

ただ、食べすぎに注意して、お楽しみ程度に食べるようにすれば良いですね。

どんなものでも、やはり食べすぎはよくありません。

ダイエットを楽しく続けられるように、カロリーゼロ商品を上手く取り入れてみてもいいでしょう。

まとめ

カロリーゼロ商品の仕組みや、メリット・デメリットを知っておけば、ダイエットに活用できますよね。

ただ、カロリーゼロ商品の食べ過ぎ、人工甘味料のとりすぎには注意をしたいですね。

こちらのダイエットブログを公開している神楽坂・飯田橋のLiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!