ブログ

筋トレブログ

【昼寝の秘めたパワー】筋トレ後に昼寝してOK?睡眠による筋肉への効果を紹介

こんにちは!LiMEパーソナルジムです。

筋トレは、体力をかなり消耗しますよね。

それと同時に、筋肉は筋トレによって負荷がかかり、損傷している状態になっています。

体をたくさん動かして疲れ切った筋トレ後は、眠たくなってしまうという人も多いでしょう。

しかし、筋トレをした後すぐに、そのまま昼寝をしてしまっていいのか、気になりますよね。

筋トレ後に昼寝をすることが筋肉の発達に効果があると言われていますが、その理由とは一体何なのでしょうか。

当記事では、筋トレ直後に昼寝をしてよいのか、また筋トレ後の昼寝が筋肉にどのような効果を発揮するのかを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

筋トレ後に昼寝をしてもいい?

筋トレ後には、眠くなることがありますが、そのまま昼寝をしてもいいのかどうか悩みますね。

結論から言いますと、

筋トレ後の昼寝はしても良い

です!

むしろ、筋トレ後は昼寝をした方が良いと言えるでしょう。

何故なら、筋トレなどによって損傷した筋肉は、起きている時よりも、寝ている間により修復され、太く大きくなるから(筋肥大するから)です。

ただ昼寝をするだけで筋肉が大きくなるわけではないので、筋トレと昼寝をセットにすることで筋トレの効果をより発揮することができますよ。

筋トレと眠気についての詳しい記事は、こちらを読んでみてくださいね。

【筋トレの睡魔を撃退】筋トレをすると眠くなる?筋トレと眠気の関係性と対処法を紹介

次になぜ、筋トレ後の昼寝が良いのかを紹介していきます。

筋トレ後の昼寝による効果は?

筋トレ後に昼寝をすることによって

  • 損傷した筋肉が修復される(超回復)
  • 睡眠不足の改善
  • 体力の回復

これらの効果が得られます。

損傷した筋肉が修復される

寝ているときに損傷した部分の筋肉が修復されて大きくなるので、筋トレ後に昼寝をすることで筋肥大が促進されます。

筋トレなどで筋肉に負荷がかかり、筋肉が損傷すると、体内で損傷した部分の筋肉を修復する働きが起こります。

これを超回復と言います。

眠っているときに、分泌される成長ホルモンは、たんぱく質の合成を促進するため、この働きによって筋肉の損傷した部分が修復され、筋肉が損傷前よりも太く大きくなります。

睡眠不足の改善

現代人は、圧倒的な睡眠不足と言われています。

昼寝は、夜の睡眠不足を補う役割があります。

昼寝には、

  • 気分の向上
  • 注意力の改善
  • パフォーマンスの向上

これらの効果があると言われています。

睡眠不足が改善されると、筋トレを集中して行うことができますね。

体力の回復

睡眠によって体力を回復することができます。

体力がない状態でトレーニングを行うと、怪我をしてしまう恐れもあります。

体力があるときのトレーニングと、体力がない状態でのトレーニングでは、パフォーマンスも効果も変わってくるので、睡眠によってしっかりと体力を回復させましょう。

適切な昼寝時間は?

昼寝をする時間帯は、12時から15時の間が好ましいです。

なぜならば、人の体内時計の関係から、14時ごろに最も眠気を感じやすくなっているからです。

この時間帯に昼寝をすることで、眠気の解消ができ、午後からのパフォーマンスの向上にも繋がりますよ。

午前中に筋トレをした場合は、この時間に体を休ませると良いですね。

適切な昼寝時間は、15分~30分です。

目安としては20分と覚えておくと良いでしょう。

適切な昼寝のメリット

15分~30分ほどの短い昼寝のメリットは、スッキリと目覚められることです。

睡眠の始めは、まず浅いノンレム睡眠(脳の眠り)から始まります。

その後、徐々に深いノンレム睡眠となり、レム睡眠(体の眠り)に変わります。

20分ほどの昼寝であれば、深すぎないノンレム睡眠であるため、スッキリと目覚めることができ、昼寝の効果を十分に得ることができます。

短い昼寝でスッキリと起きる工夫

昼寝前にコーヒーなどを飲んでカフェインを摂取しておくと、短い睡眠でも目が覚めやすくなるためオススメですよ。

長すぎる昼寝のデメリット

30分を超える長すぎる昼寝は、深いノンレム睡眠やレム睡眠のときに目が覚めるため、逆に体が疲れてしまったり、疲労感を感じることになります。

また、夜の眠りの妨げになるため、睡眠の質も下げてしまうため、昼寝のしすぎにならないよう注意が必要です。

まとめ

筋トレ後に昼寝をすることによって、筋トレで損傷した筋肉が修復されて筋肥大します。

また、体力の回復や睡眠不足を改善する効果も期待できるため、筋トレの質を向上させることができますよ。

筋トレ後の昼寝は12時から15時までの間でとるようにし、時間は15分~30分にしましょう。

15時以降の昼寝や、30分を超える昼寝は、夜の睡眠に影響し、睡眠の質を下げてしまうので、注意してくださいね。

筋トレ後は昼寝をして、しっかりと体を休ませて、筋トレの効果をアップさせましょう。

LiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!