ブログ

筋トレブログ

【筋トレの睡魔を撃退】筋トレをすると眠くなる?筋トレと眠気の関係性と対処法を紹介

【筋トレの睡魔を撃退】筋トレをすると眠くなる?筋トレと眠気の関係性と対処法を紹介

こんにちは!LiMEパーソナルジムです。

筋トレは、継続することに意味があるので、学校や仕事に忙しい平日でも続ける必要がありますね。

しかし、筋トレをするとなぜか眠くなってしまう場合があります。

筋トレをすると眠たくなってしまうのは、なぜなのでしょうか。

実は、筋トレ後に眠くなるのは”自然なこと”なのです。

当記事では、筋トレと眠気の関係性と対処法について紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

筋トレと眠気の関係性とは?

筋トレと眠気の関係性とは?

筋トレ後に眠気が襲ってくるのは、次の理由が挙げられます。

自律神経のバランスの変化

筋トレ中は、体を動かすために、交感神経が優位に働いています。

交感神経が優位に働いているときは、心臓の心拍数が上がり体を元気よく動かすことができます。

筋トレによって体に疲労がたまると、筋トレ後は体を休めようとして、副交感神経が優位に働きます。

副交感神経が優位に働くと、心臓は心拍数を下げて体がリラックスし、眠気が発生するのです。

血糖値の低下

筋トレ中は、ブドウ糖をエネルギー源として体を動かします。

筋トレによって体からブドウ糖が使われると、血糖値が低下し、脳の栄養源であるブドウ糖が十分に脳に行き渡らずに、眠気が起こります。

鉄分の不足

筋トレ中は、呼吸や体を動かすことで、鉄を消費します。

鉄分が不足すると、脳に十分な酸素が行き渡らずに、眠気が起こります。

成長ホルモンの影響

過度な筋トレ、血糖値の低下によって、成長ホルモンが分泌されて、眠気が起こります。

体温の変化

筋トレ時は、体温が上昇しているが、筋トレ後に体温が急激に低下することによって眠気が起こります。

このように、筋トレ中には、体内で自律神経のバランスの変化や成長ホルモンの分泌が起こる、糖や鉄分が不足する、体温の急激な変化によって眠気が起こっているということです。

つまり、筋トレ後の眠気は”自然なこと”ということですね。

筋トレ後の眠気の対処法を紹介

筋トレ後の眠気の対処法を紹介

筋トレ後は、眠気が起こるけれど、それは仕方がないこと…といっても、筋トレ後に仕事やお出かけなど用事がある場合、眠たくなってしまっては困りますよね?

そのため、筋トレ後に起こる眠気にはきちんと対策をとっていきましょう!

筋トレ前に行う眠気対策は次の通りです。

  • 糖質を摂取しておく(バナナなど)
  • たんぱく質を摂取しておく(ささみなど)
  • カフェインを摂取しておく(コーヒーなど)

筋トレ後に行う眠気対策は次の通りです。

  • チョコレートを食べる(食べる量には注意が必要)
  • コーヒーなどを飲んでカフェインをとる
  • シャワーを浴びる(血圧を急上昇させないように入浴は控える)

これらの方法が筋トレ後の眠気対策に効果的です。

糖質やたんぱく質を摂取する場合は、量に気をつけて下さいね。

何故なら、あまり糖質を摂りすぎると、せっかくの筋トレの効果がなくなってしまうからです。

また、筋トレ後に就寝する場合は、コーヒーなどのカフェインを摂りすぎないように気を付けましょう。

就寝前のカフェインの過剰摂取は、睡眠がとれない原因にもなります。

筋トレで疲れた体をしっかりと休ませるために、カフェインの摂取量には注意が必要です。

眠気対処法は、簡単に実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

筋トレ後に起こってしまう眠気には、糖や鉄、自律神経や成長ホルモンの関係、体温の変化などが要因であるとわかりました。

筋トレ後の眠気は、体にとって”自然なこと”と言えど、筋トレ後に毎回眠気に襲われては困ります。

そのため、今回紹介した筋トレ後の眠気対処法を実践してみてくださいね。

筋トレ後に眠くなってしまうと、筋トレをすることが億劫になってしまいますが、きちんとした対策をとっておけば、心配はいりません!

眠気対策を万全にし、筋トレをより効果的に続けていきましょう。

LiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!