【恵比寿 パーソナルトレーニング】キレイな腹筋を作るトレーニングの方法を動画で紹介!

筋トレブログ
くびれ

キレイなお腹を作るためには、お腹の脂肪を減らし、腹筋を鍛える必要があります。

腹筋が鍛えられたお腹は、それだけでキレイですが、さらに”くびれ”があれば、より美しいですね。

今回紹介するキレイな腹筋を作るトレーニングでは、腹筋を作るだけでなく、キレイなくびれを作ることができます!

キレイな腹筋とくびれを作るトレーニングの方法は、動画でわかりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

腹筋トレーニングの方法を動画で紹介

さっそく、キレイな腹筋とくびれを作るトレーニングの方法を動画でチェックしていきましょう。

こちらの動画を説明していきますね。

用意するものは、マットです。

マットがなければ、寝転んでトレーニングしても体を傷めない場所を選んでトレーニングを行っていってくださいね。

  1. まず、マットに仰向けに寝ます。
  2. 膝を90度に曲げて、両手を頭の後ろに軽くそえます。
  3. 上半身を起き上がらせて、対角線(左手と右足・右手と左足)の膝の外側を手でタッチします。※ポイント1:反動を使って上半身を上げないようにしましょう。ポイント2:上半身を起き上がらせるときは、お腹をしっかりと縮めるようにしましょう。
  4. 左右交互に10回ずつトレーニングを行います。

キレイな腹筋とくびれを作るトレーニングは以上です。

このトレーニングを週に2~3回行うと効果が得られますよ。

腹筋トレーニングの効果

まず、横腹や脇腹に脂肪がつく原因について、知っておきましょう。

食生活の乱れ

脇腹や横腹に脂肪がつき、くびれがなくなってしまう原因の1つは、食生活の乱れです。

日頃の不摂生によって、お腹はみるみるうちにたるんでいってしまいます。

そのため、腹筋トレーニングに加えて、栄養バランスの整った食事をとるように気を付けていく必要があります。

運動不足

日頃、不規則な生活を送っていたり、運動不足になっていると脇腹や横腹に脂肪がついていきます。

先ほどもお話した通り、左右の腹筋は普段なかなか使うことのない筋肉であるため、溜まってしまった脇腹と横腹の脂肪は、何もしなければ蓄積していく一方です。

腹筋トレーニングで体を動かすようになると、運動不足も解消していきますね。

 

普段の不摂生や不規則な生活によって、脇腹や横腹に脂肪がたまってしまうということがわかりましたね。

次に今回紹介する腹筋トレーニングが、なぜくびれを作ることができるのかについて説明していきます。

通常の腹筋運動では、上半身を前に起き上がらせて降ろすという運動の繰り返しになります。

上半身を前に起き上がらせておろすことによって、お腹の正面の筋肉は鍛えられますが、その運動では、脇腹や横腹を鍛えることはできないのです。

そのため、脇腹や横腹を鍛えるためには、通常の正面に上がって降りるという腹筋運動に”上半身をひねる動作”をプラスする必要があるのです。

対角線の手で膝を触るという動きによって、普段日常生活ではなかなか使うことのない左右の腹筋を鍛えることができます。

日常生活で動かすことのできない左右の腹筋を鍛えるためには、意識的にトレーニングをすることが必要ですね。

左右の腹筋(腹斜筋)を効率的に鍛えて、すっきりとしたウエストを手に入れましょう!

また、腹筋運動によって、筋肉を鍛えることによって

基礎代謝がアップ

します。

基礎代謝がアップして、消費カロリーが増えることによって、痩せやすい体になっていきます。

そして、筋肉量が増えることで、

脂肪燃焼が促進

されて、痩せる効果が期待できます。

キレイな腹筋とくびれを作るトレーニングは、見た目がすっきりとするだけでなく、体の中から痩せやすい体に変えてくれるのですね!

腹筋トレーニングの注意点

最後に、今回紹介した腹筋トレーニングの注意点をチェックしていきましょう。

今回紹介したトレーニングは、膝を90度に曲げたまま、上半身を起き上がらせます。

このとき、膝の角度が90度より狭くても広くても、トレーニングの効果が十分に得られないため、膝の角度をキープすることを意識していきましょう。

また、上半身を起き上がらせる際には、足で反動をつけたり、上半身を揺らした反動で起き上がってはいけません。

上半身を起き上がらせる際には、お腹をしっかりと縮めてお腹に意識を集中させましょう。

早く起き上がるよりも、ゆっくりとした動作の方が効率的にお腹の筋肉を鍛える効果がありますよ。

トレーニングの最中は、しっかりと息を吸ってはくことを意識して、酸素を体にたくさん取り込みましょう!

トレーニングし始めのうちは、10回こなすことが難しい人もいるでしょう。

きちんとしたフォームで、しっかりお腹を意識してトレーニングすることに意味があるので、フォームが崩れてしまう場合はそこまでとし、徐々にトレーニングの回数を増やしていくと良いですね!

まとめ

キレイな腹筋とくびれを作るトレーニングでは、普段なかなか動かせない左右の腹筋(腹斜筋)を効率的に鍛えることができます。

普段鍛えることができない、左右の腹筋は意識的にトレーニングで鍛える必要があるため、今回紹介した腹筋トレーニングを週に2~3回取り入れてみてくださいね。

また、腹筋トレーニングに加えて、普段の食生活や運動不足を見直し、不摂生や不規則な生活を正していくと、さらにトレーニングの効果を得ることができますよ。

神楽坂・飯田橋のLiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!

全店共通!
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6262-9659