【脇腹ダイエット】女性の気になる脇腹の脂肪を落とす簡単筋トレを動画で紹介!

筋トレブログ
脇腹

脇腹についてしまった脂肪は、なかなか落ちないですよね。

なかなか落ちないからこそ、ぜひ落としたい脇腹の脂肪をすっきりと落とすトレーニング方法を知りたいところです。

しかし、脇腹についた落ちにくい脂肪を落とすためには、やはり、とてもきついトレーニングをしなければならないのでしょうか。

きついトレーニングは、それほどの効果が得られるのですが、結局最後まで続けることができず、途中で挫折してしまいますね。

そこで今回紹介するのは、家で寝たままでできる脇腹ダイエットトレーニングです!

脇腹ダイエットトレーニングはきつくて辛そうですが、なんとマットに寝たままでトレーニングするという簡単な方法で、脇腹の脂肪を落とし、すっきりと痩せることができますよ。

脇腹痩せトレーニングの方法は動画でわかりやすく紹介していきますね!

 

脇腹痩せのトレーニングの方法を動画で紹介

『脇腹が痩せる!!マットで寝たままトレーニング』の動画がこちらです。

こちらの動画の説明をしていきますね。

用意するものは、ヨガマットです。

  1. まず、マットの上に横を向いて寝ます。
  2. 横を向いて寝たときに、下の方になっている手で頭を支えて、反対側の手はマットに手をついて体を支えます。
  3. 横を向いて寝たときに上になっている足を横に上げ(上に上げ)、大きく前後に動かします。※このときに脇腹を意識して運動してください。
  4. 足を前後に大きく動かす運動を1とカウントして、8回行います。※膝は曲げずに伸ばした状態で足を動かします。
  5. 今度は、マットの上の方の足を上下に大きく動かします。(足を開いたり閉じたりする動き)※このときも脇腹を意識して運動してください。
  6. 足を上下に大きく動かす運動を1とカウントして、8回行います。※膝は曲げずに伸ばした状態で足を動かします。
  7. 次に上半身を動かす運動をします。マットに横になったときに下の方にある手を脇に添えて、脇腹の使う部分を意識します。
  8. マットに横になったときに上の方にある手を頭の後ろに添えて、頭を支えます。
  9. 脇腹を丸めるようにして、ゆっくりと体を曲げていきます。※上半身を浮き上がらせるのではありません。
  10. 脇腹を丸めて上半身を動かす運動を8回行います。※このとき足が一緒に上がらないように注意してくださいね。
  11. 片側が終わったら、反対側も足を大きく前後に動かす運動と、足を上下に動かす運動、上半身を動かす運動をしましょう。

脇腹痩せトレーニングは、これで終了です。

家で簡単にできるトレーニングなので気軽に実践しやすいですね!

マットがない場合は、厚みのあるカーペットの上でも良いでしょう。

ただ、布団の上では、ふわふわとして運動しづらいかもしれません。

体が痛くなく、安定した体制で運動ができれば良いですよ。

この運動は、寝たままでできるトレーニングなので、テレビを観ながら行うこともできますね!

トレーニングが苦手という人も始めやすいトレーニングと言えます。

脇腹痩せトレーニングの効果

お腹周りの脂肪がなかなか落ちないのは、理由があります。

お腹周りは骨が少ない部分であるため、内臓を守るために脂肪がつきやすくなっているのです。

脇痩せトレーニングを行うことによって、普段の生活では、なかなか動かせない脇腹を集中的に鍛えることができます。

脇腹痩せトレーニングの効果をより高めるためには、普段の姿勢なども注意する必要があります。

脇痩せトレーニングの効果をより高める方法

お腹周りを引き締めたいときは、まず普段の姿勢や立ち方などを意識的に改善していきましょう。

実は、正しい姿勢を保つことによって、普段使わない筋肉を鍛えることができるのです。

正しい姿勢とは、

  • お腹と背中を伸ばした状態をキープする
  • お尻を閉めて左右の膝と膝をくっつけるようにする

これらをするだけです。

立っているときも座っているときも、常に正しい姿勢をキープするように意識しましょう。

普段から正しい姿勢をキープする習慣がつけば、自然とお腹周りに力が入り、お腹がすっきりしてきます。

脇腹痩せトレーニングを行っても、普段の姿勢が悪ければ、せっかく鍛えた脇腹がたるんできてしまいますよね。

日常生活でお腹を引き締めて、さらに脇腹痩せトレーニングを行うことで、脇腹がすっきりと痩せていきます。

脇腹痩せトレーニングをしたあとも、姿勢に気を付けておけば、お腹周りが緩むことがなく、トレーニングの効果が十分に発揮できるのです。

脇腹痩せトレーニングの注意点

脇腹痩せトレーニングの注意点は、体に痛みがでたときはトレーニングを中止することです。

トレーニングの方法を間違えてしまえば、体を痛めてしまう場合があるため、動画をしっかりと見て、トレーニングを行うようにしてくださいね。

例えば、上半身トレーニングをしている際に首が痛くなってしまった場合は、上半身ではなく首を曲げてしまっています。

このように、正しく体を動かさなければ、怪我をしてしまうので注意しましょう。

 

まとめ

脇腹痩せトレーニングは、家で寝たままできるトレーニングです。

お腹周りは、もともと内臓を守るために脂肪がつきやすい部分で、さらに脇腹は普段の生活では、なかなか鍛えることができないため、脂肪がたまってしまいます。

普段から正しい姿勢を保つように意識して、お腹周りに自然と力を入れるようにすることに加え、脇痩せトレーニングをすることで、トレーニング効果をより発揮できるようになりますよ!

神楽坂・飯田橋のLiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!

全店共通!
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6262-9659