ブログ

筋トレブログ

【女性必見!】筋トレでバストアップできるトレーニング法を動画で紹介

こんにちは!LiMEパーソナルジムです。

いくつになっても、バストラインがキレイであれば、若々しく見えますね。

バストは、筋トレをして鍛えなければ、どんどん下がってきてしまいます。

バストがしっかりと上がっていると、女性らしさが増し、スタイル抜群に見えますね!

そこで今回は、女性必見のバストアップができるトレーニング方法を紹介します。

バストアップするトレーニング法を動画で紹介

まず、バストアップ効果のあるトレーニング方法を動画で紹介していきます。

自宅で手軽にできるバストアップトレーニング

  1. 両手を胸の前で合わせ、8秒間グッと押し合わせます。(合掌のポーズ)
  2. 両手を押し合わせたまま、肩のラインまで左右に8回動かします。
  3. 次に、壁の前に立ち、両手を壁につき、体と肘の角度が90度になるようにします。
  4. 両肘を曲げて、8回胸を壁に引き寄せます。(強度を高めたい場合は、壁から離れた位置に立ちます)
  5. 最後は肩・胸周りのストレッチです。肘を90度に曲げ、両手の肘・腕・甲を胸の前でくっつけます。このとき親指が外をむくようにしましょう。
  6. 次に親指を外側にむけながら両腕を開きます。この動きを8回行います。

バストアップ効果のあるトレーニング方法は以上です。

こちらのトレーニングは、自宅でもできる簡単な筋トレです。

事前に道具を準備する必要もないので、気軽に始められますね。

自宅でできるバストアップトレーニングの注意点

このトレーニングの注意点をまとめます。

まず、両手を胸の前で押し合わせる合掌のポーズの際は、肘が下がらないように注意してください。

肘が下がってしまうと大胸筋に力が入らず、バストアップ効果が得られません。

また、壁に手をついて行う腕立ての筋トレでは、肘を曲げて壁に近づく際に、胸ではなく顔を先に近づけないように意識しましょう。

顔の位置はそのままで、胸をぐっと壁に引き寄せることで、大胸筋をしっかりと鍛えることができますよ。

肘を伸ばしながら元の体制に戻るときは、腕の力で壁を押した反動を使わないように気をつけて下さい。

腕の力の反動を使ってしまうと、胸筋を鍛えることができないため、胸筋に力を入れて、その胸筋の力で元の体制に戻るように意識してくださいね。

正しい姿勢でトレーニングをすることが大事なので、正しい姿勢が身につくまでは、鏡の前などで自分の筋トレする姿をチェックすると良いですね!

ダンベルを使ったバストアップトレーニング

次にダンベルを使ったバストアップトレーニングの方法を動画で紹介します。

ダンベルを使った『ダンベルフライ』というトレーニング方法がバストアップに効果的です。

  1. まず、2kg~4kgほどのダンベルを用意します。ダンベルがない場合は、水を入れたペットボトルでも良いです。
  2. 仰向けに寝転び、両膝を曲げて、足を肩幅くらいに広げます。
  3. 肩より少し下の位置に両腕を開き、ダンベルを持って、肘を伸ばしたまま、ゆっくりと両胸の上あたりでダンベルをくっつけます。
  4. ダンベルをくっつけたら、ゆっくりと両腕を開いて腕をおろしていきます。このとき、床に手がついてしまわないように気を付けましょう。
  5. この動作を10回、3セット行っていきます。
  6. 1セット終わったら、ダンベルを置き、手を揺らしたりして少し休憩しましょう。
  7. 2セット目、休憩、3セット目まで行ったら終了です。

ゆっくり動かすことで、胸筋をしっかりと鍛えることができます。

胸の筋肉が伸びていることを感じながら、トレーニングをしていくと良いです。

ダンベルで行うバストアップトレーニングの注意点

バストアップのためにダンベルフライを行う場合は、ダンベルの重さを4kg以上にしてはいけません。

負荷をかけすぎると、腕の力を使ってしまい、効果的に大胸筋を鍛えることができなくなってしまいます。

さらに、重すぎるダンベルは、大胸筋を鍛えすぎてしまい、ふっくらとした上向きバストではなく、バストのボリュームが減り、バストが締まりすぎてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、重すぎるダンベルでは、ダンベルフライをスムーズに行えなくなってしまうので、2kg~4kgのダンベルでトレーニングをしやすい重さにしましょう。

バストアップ筋トレの効果

609f6a3b87510e9873729438bde953f9

バストアップに必要な「大胸筋」は、今回紹介した筋トレによって鍛えることができます。

「大胸筋」は胸の土台となっているので、胸の土台作りをしっかりとすることで、バストは上向きになります。

筋トレをすると鍛えている箇所の血流がよくなることで、バストのハリが保たれ、バストが垂れることを防いでくれる効果がありますよ。

バストアップ効果はどれくらいで実感できる?

バストアップ筋トレは、どのくらいの期間続ければ効果がでるのか気になりますよね。

すぐに効果が実感できればやる気アップに繋がります。

しかしながら、バストアップ効果が期待できるのは、最低でも2週間以上経ってからです。

バストアップ筋トレは、他の筋トレと同様に、継続して行っていくことで効果を得ることができるので、2週間以上トレーニングを続けて行っていきましょう。

バストアップ筋トレのやりすぎは逆効果?

早くバストアップしたい、もっとバストアップしたいと思い、筋トレをやりすぎると、逆効果になるという話を耳にします。

結論を言いますと、バストアップ筋トレのやりすぎはバストが減ってしまう可能性があります。

鍛えすぎることでバストが減ってしまう理由は、女性の胸は脂肪でできており、過度な筋トレによって脂肪が燃焼してしまうからです。

脂肪でできている胸の脂肪を燃焼してしまうと、バストが小さくなってしまい、バストアップ筋トレが逆効果となってしまいますね。

筋トレのセット回数やペースを守って、筋トレを進めていきましょう。

バストアップ筋トレの正しい進め方

バストアップ筋トレは、やりすぎると、バストが小さくなってしまう可能性があります。

バストアップ筋トレの正しい進め方は、2~3日に1回のペースで行うことです。

損傷した筋肉が回復することで筋肉が肥大しますが、損傷した筋肉が回復する前に、トレーニングを行ってしまうと、脂肪が燃焼されてしまい、バストが小さくなります。

そのため、バストアップのための筋トレは、適度に休息をとりながら行うことが大事です。

まとめ

バストが高い位置にある女性は、若々しく魅力的に見えます。

バストが垂れないようにするため、垂れてしまったバストを引き上げるために、バストアップ効果のある筋トレを取り入れていきましょう。

バストアップ筋トレで意識したいことは「大胸筋」です。

筋トレをしながら、大胸筋に力がしっかりと入っているか、筋肉がしっかりと伸びているかを確認しながら行っていくとより効果的ですよ。

LiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!