ダイエット
ダイエットを頑張るあなたに知ってほしい朝食の大切さ

ダイエットを頑張るあなたに知ってほしい朝食の大切さ

東京神楽坂・飯田橋にあるLimeパーソナルジムです。

今回は、ダイエットに励む方に知っておいてほしい“朝食”の大切さについてご紹介したいと思います!

ダイエットにはまず、食べ過ぎを防いで食事をコントロールすることが何より大切です。

ですが、何も食べないは食べないでそれも問題です。

特に忙しい現代人は、朝食を抜いてしまいがちですが、ダイエットのためには朝食うまくとることがとても大切になります。

ダイエット中でも朝食をとるべき理由とは?

ダイエット中でも朝食をとるべき理由とは?

ダイエットを成功させるためには、食べて痩せることが大切ということはこれまでの記事でもご紹介してきました。

その理由としては、エネルギーを消費するためにはバランスの摂れた栄養が必要不可欠だからといったことをあげました。

 

ダイエットをしている方に朝食をすすめる理由は、もちろんこの栄養のこともありますが、もう一つ重要なことがあるからです。

以下にご説明します。

1日3食が大切な本当の理由

食事は『1日3食』というのは、昔からの常識ですね。

現代では2食や¹食という人も珍しくはありませんが、なぜ1日3食が良いとされるのでしょうか?

それは栄養が取れるからだけではなく、胃や腸の働きを促すからです。

胃と腸は、消化→吸収というプロセスをたどって食べたものから栄養を抽出して、身体にエネルギーを送り届けてくれる唯一の器官です。

そして、それらの器官は食べものが入るという一つの“刺激”を受け取ることで働きはじめ、食べものが入らなければ働きません。

つまり、食事を1食抜くだけで胃や腸の活動も1回分行われなくなってしまうので、徐々にその働きも悪くなってしまうわけです。

腸が働かないと代謝も上がらない

胃や腸の働きが悪くなると何が悪いかというと、食べ物からの栄養が上手く取れ

なくなってしまうのはもちろん、代謝も上がらなくなってしまいます。

内臓器官の働きは、基礎代謝の向上のためには筋肉をつけるよりも重要です。

胃や腸が食べ物を消化吸収する際にも、エネルギーは使われます。

その働きが鈍くなってしまっては、栄養も取れないし代謝もされないという最悪な状態になってしまうのです。。。

朝食は胃腸のウォーミングアップ!

ここまでを理解していただいたうえで、本題に戻ってダイエットをしている人が

朝食をとるべき理由をお話しします。

朝起きたときというのは、身体がエネルギーを一番欲している時間帯です。

それに加えて、胃腸が何時間も働きをお休みしていたことにもなります。

そんな状況で、朝食を何食べない状態で仕事に行ってしまうと、眠ってからお昼の時間までずーっとお休みしてしまうわけです。

そんな長い時間放置されたら、胃腸も怠けてしまいますよね。

そんでもって、いきなりそこに昼ご飯でかつ丼が入ってこようものなら胃腸はぶったまげてしまいます(笑)

それで、消化が上手くいかなかったり便秘になってしまうということが起きるわけです。

つまりは、朝食をとる大切さは栄養や代謝の面から考えても、アクティブな身体を作るためのウォーミングアップになるからだということです。

朝食をちゃんと取って、胃腸の調子を万全にして一日をスタートさせられれば、活発に行動ができるだけでなく、痩せやすい身体の基盤を作ることにもつながるというわけですね!

ダイエット中におすすめの朝食の取り方

ダイエット中におすすめの朝食の取り方

 

朝食の大切さについてお話しさせていただいたところで、ダイエットされる方にはどんな朝食のとり方がおすすめかをご紹介したいと思います!

ポイントは以下の3つです。

  1. たくさん食べる必要はない
  2. まずは1杯の水を飲もう!
  3. 消化吸収の良い食べ物がおすすめ!

たくさん食べる必要はない

朝食をしっかりとりましょうというと、『ガッツリ食べろ』と言っているように

聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。

朝はなかなかお腹が空かないという人もいますし、ましてやダイエット中とあらばたくさん食べることには抵抗を感じると思います。

朝食をとる最優先の目的は、胃腸を動かしてあげることにあるので、必ずしもたくさん食べなくていいんです。

まずは1杯の水を飲もう!

ダイエット中で、なおかつ朝食べるのはきついという方は、起きてまず先に1杯

の水を飲むことをおすすめします。

コップ1杯の水を飲むだけでも、その重みが刺激となって腸の働きが誘発されるからです。

この働きを『胃結腸反射』といいます。

また、朝一番の水で胃腸が動くと、自然な便意が誘発されます。

参考:なぜ、「これ」は健康にいいのか?/小林弘幸より

朝一番のお通じが良くなるということは、特に女性のダイエットにはとても重要になります。

この習慣を身に着けると、痩せやすくなるうえに便秘の改善にも効果が期待できます!

消化吸収の良い食べ物がおすすめ!

水を飲めば胃腸は動きますが、さすがに水だけでは栄養は取れません。

栄養も意識して取れるのであれば、消化吸収の良い食べ物をとるのがおすすめです。

朝食といったら、例えばバナナやヨーグルトなんかが良いですね!

他にもフルーツや甘いものは、すぐに脳のエネルギーになってお昼までの活発な活動をサポートしてくれます。

ダイエットで甘いものを控えていても、朝食べる分には全然OKです!

まとめ

以上のことをまとめますと、

ダイエットをしている人であっても、朝食をとることは胃腸の働きを促して痩せやすい身体の基盤を作るためにとても大切なことである。

ガッツリ食べなくても、まずはコップ1杯の水と消化吸収の良いフルーツやヨーグルトをとれば十分な栄養と代謝を得ることができる。

Limeパーソナルジムでは、管理栄養士監修のもとお客様のライフスタイルに合わせた食事をオンラインとオフラインでサポートする栄養サポートをご用意しております。

お問い合わせはコチラから。

この記事の執筆者:フードアナリスト 工藤 梨央

フードアナリスト工藤梨央がこちらを向いて笑っている

工藤 梨央のインスタアカウントはこちら

 

この記事の監修者:管理栄養士 小峰侑

管理栄養士 小峰侑さんがこちらを向いて笑っている

小峰侑の詳しいプロフィールはこちら!

LINE@で無料カウンセリング