ブログ

筋トレブログ

【神楽坂 パーソナルトレーニング】下半身痩せに効果的な自宅トレーニングの方法を動画で紹介!

スクワット

痩せるためのトレーニング方法が色々と紹介されていますが、どのトレーニング方法がいいのか、どのトレーニングから始めていこうか悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回おすすめしたいトレーニングは、痩せたい人が絶対に試すべき、ダイエット効果絶大のスクワットトレーニングです。

スクワットには、色々なやり方があります。

今回紹介するスクワットトレーニングは、痩せるためのトレーニング方法選びに悩んでいる人に、ぜひ実践してもらいたい永久保存版のトレーニング方法なんですよ。

当記事では、スクワットトレーニングの方法を動画でわかりやすく説明し、スクワットトレーニングの効果や注意点も併せて紹介していきます!

効果的なスクワットトレーニングの方法を動画で紹介

さっそく痩せるために効果的なスクワットトレーニング方法の動画を見ていきましょう。

こちらの動画を説明していきますね。

今回紹介するスクワットトレーニング内容は、下半身全体を鍛えるトレーニングとストレッチ要素も兼ね備えた動きを取り入れています。

  1. まず両手を胸の前でクロスさせて胸にあて、そのまま右足を大きく1歩前に出します。
  2. 左足の膝を曲げて、しっかりと地面につけ、右足の膝を曲げて腰をおとします。(この動きをランジといいます。)※このとき上半身は背筋を伸ばしてまっすぐにしておきましょう。
  3. 今度は、左足を大きく1歩前に出します。
  4. 右足の膝を曲げて、しっかりと地面につけ、左足の膝を曲げて腰を落とします。※上半身が前かがみになったり、足がぐらつかないようにしっかりと腰を落としましょう。
  5. 左右交互に8回行います。※足はできるだけ大きく前に出します。
  6. 次に左右の動きを行っていきます。
  7. 右足から横に大きく足を出します。このとき、右足は膝を伸ばして、左足は膝を曲げて腰を落としましょう。
  8. 左右交互に8回行いましょう。
  9. 次は、足をななめ後ろに出す動きです。
  10. 足をクロスさせてななめ後ろに出し、両膝が曲がるまで、ゆっくりと腰を落とします。
  11. 左右交互に8回行います。
  12. 最後に強度の高い運動を行っていきます。
  13. 最初に行った足を大きく後ろに出す運動(ランジ)を行うのですが、左右交互に行う際にジャンプをして足を入れ替えます。着地をしたら、膝を曲げてゆっくりと腰を落としてから、ジャンプして足を入れ替えましょう。

スクワットトレーニングは以上です!

普段体を動かす機会が少ない人には、なかなかきついトレーニングと言えます。

しかしその分、効果は絶大なので、試して損はないでしょう。

このスクワットトレーニングは、慣れるまでかなり足が疲れると思いますが、繰り返し行うことによって段々と体が慣れていきます。

体力がついてきたら回数を2~3セットずつに増やすと、トレーニング効果が高まるので良いですね!

スクワットトレーニングの効果

今回紹介したスクワットトレーニングの効果は、

下半身全体の筋肉量が増えることで基礎代謝がアップして太りにくい体質

に体が変化していくというものです。

スクワットトレーニングで鍛えられる筋肉は、

  • 大腿四頭筋
  • 大臀筋
  • ハムストリング
  • ふくらはぎ

です。

そして、大きく足を踏み出す動きによって、体全体でバランスを取らなければならないため、

体幹を鍛える

ことができますよ。

体幹がない場合、今回紹介したスクワットトレーニングをするときに、足がフラフラしてしまいます。

しかし、スクワットトレーニングを続けるうちに、体幹が鍛えられ、足がフラフラすることなくしっかりとした体制でスクワットができるようになりますよ!

体幹がしっかりとなり、体のバランス感覚が鍛えられることによって、足腰が強くなって、疲れにくくなる効果や転倒などによる怪我を予防する効果も期待できます。

スクワットトレーニングの注意点

下半身強化に絶大な効果を発揮するスクワットトレーニングでは、基礎代謝がアップして痩せやすい体質に改善できるという高いダイエット効果が期待できるとわかりました。

しかし、高いダイエット効果がある反面、ハードなトレーニングであるため、膝への負担が高くなりやすいというデメリットがあります。

そのため、膝に痛みや違和感があるときに、無理にトレーニングをすることはやめておいてくださいね。

疲労回復の点と、怪我予防の点から、スクワットトレーニングは週に3~4回程度にしておくことをおすすめします。

いくらダイエット効果があるといっても、毎日スクワットトレーニングを行うことによって、疲労が回復しきれずに、膝や足腰を痛めてしまう可能性があるので、トレーニング頻度には注意が必要です。

また、スクワットトレーニングを効果的に行うための注意点としては、

背筋を伸ばして背中が常に直立になるように意識しながらトレーニングをする

ということです。

正しい姿勢で行わなければ、トレーニング効果が下がるだけでなく、怪我の原因にも繋がります。

スクワットトレーニングは、かなり体に負荷がかかるトレーニングなので、呼吸の仕方にも注意が必要です。

スクワットをするときは、息を止めずに、息を大きく吸ってはきながら行うことを意識して、しっかりと酸素を体内に取り込みましょう。

まとめ

今回紹介したスクワットトレーニングは、下半身強化とスタイルアップ、基礎代謝がアップすることで高いダイエット効果が期待できます。

ハードなトレーニングなので、慣れるまでは無理をせずに1セットしっかりと行えるようになれば良いですね。

トレーニングに体が慣れてきたら、2~3セット行えるようになり、トレーニング効果をより高めることができます。

効果絶大の永久保存版スクワットトレーニングに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

神楽坂・飯田橋のLiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!