【キレイな後ろ姿に】背中の肉を落とす背中痩せトレーニングの方法を動画で紹介!

筋トレブログ
背中

自分ではなかなか見ることのできない後ろ姿…気づかないうちに背中にお肉がついてしまっていたなんていうこともありますよね。

背中にお肉がついてしまうと、軽装になったときに、後ろ姿がとても気になります。

ただ、背中のお肉を落とすのはなかなか大変で、どのようなトレーニングを行えばよいのかわからないという人も多いでしょう。

そこで当記事では、背中のお肉を落として、キレイな後ろ姿を手に入れる背中痩せトレーニングの方法を動画で紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

『背中痩せトレーニング』の方法を動画で紹介!

さっそく『背中痩せトレーニング』の方法を動画で紹介していきますね。

『背中の肉を落とす背中痩せトレーニング!!』の動画がこちらです。

背中痩せトレーニングを実践することで、キレイな背中とキレイなお尻まで手に入れることができますよ!

こちらの動画の紹介をしていきますね

背中痩せトレーニングで必要なものはマットです。

マットがない場合は、寝転がっても痛くない厚みのあるカーペットなどの上で行うと良いですね。

体が安定するように、あまりふわふわしていない場所を選んでくださいね。

  1. まずは、マットにうつぶせに寝ます。
  2. 両手の肘を曲げて、地面に手をつけます。
  3. 次にゆっくりと足を交互に上に上げます。※このとき膝を曲げないように気を付けましょう。
  4. 腰回りの背中とお尻を意識して、足を交互に8回あげていきます。
  5. 次に応用編です。今度は、両足を上に上げた状態で足を開いたり、閉じたりしていきます。※このとき膝が曲がらないように注意してください。
  6. 背中の緊張(背中に力が入っていること)を感じながら、ゆっくりと大きく両足を開いて閉じる運動を8回行います。
  7. 次に両足は地面につけたまま、上体を少し浮かせて両腕を引く背筋運動を行っていきます。※ポイントは背中の肩甲骨と肩甲骨を寄せるイメージで行うことです。
  8. しっかりと両腕を引いて肩甲骨を寄せたら、前に両腕を突き出すという運動を8回行います。※このとき両腕は地面につかないように浮かせたまま行っていきましょう。

背中痩せトレーニングは以上です。

普段なかなか鍛えられない背中の筋肉ですが、なんと寝たままでトレーニングできるなんて驚きですね。

ジムなどでトレーニング器具を使う必要がないため、なかなかジム通いができない人でも気軽に家でできるトレーニングです。

背中痩せトレーニングの効果

背中痩せトレーニングの効果をチェックしていきましょう。

まず、普段動かせない背中周りの筋肉をトレーニングによって動かすことで、むくみ解消や代謝がアップするなどのダイエット効果も期待できますよ!

背中痩せトレーニングの中で、足を上にあげる運動では、広背筋が鍛えられ、ウエスト周りがすっきりとしていきます。

また、両腕を引き寄せる運動では、肩甲骨周りの筋肉を使うことで、肩こりの解消と猫背の改善に繋がります。

背中がたるんでいたり、背中が曲がっていると、年齢以上に老けて見える原因になるのです。

背中にある筋肉を鍛えることでメリハリが出て、スタイルアップに繋がりますよ。

そして、背中がキレイになることで”若返り効果”が期待できます。

猫背が治るだけで”マイナス5歳”も夢ではありません。

背中痩せトレーニングの注意点

次に、背中痩せトレーニングの注意点をおさえていきましょう。

背中痩せトレーニングは、

  • トレーニングの前に軽く体を伸ばしたりストレッチをしておくこと
  • 動作をゆっくり行うこと
  • 運動している最中は、背中の筋肉とお尻の筋肉に意識をすること
  • 運動をしているときに、しっかりと息を吸ってはくこと

これらのことに注意してください。

背中の筋肉は、意識をしなければ普段なかなか動かすことはないです。

そのため、背中の筋肉をいきなり動かしてしまうと、筋肉を傷めてしまう可能性があります。

なので、背中痩せトレーニングを行う前には、背筋を伸ばす、上半身を左右に伸ばすなどの軽いストレッチをしておくと良いですね。

背中痩せトレーニングは早いスピードで行うのではなく、ゆっくりと体を動かしていきましょう。

早い動作の方が筋肉に負荷がかかりますが、動かしている筋肉をしっかりと意識しながらゆっくり息を吸ってはきながらトレーニングをすることで背中・おしり痩せ効果が高まります。

また、背中痩せトレーニングは、たまに行うのではなく、継続的に行っていくことが大切です。

寝る前などに取り入れることができると良いですね。

さらに、背中痩せトレーニングをより効果的に行うためには、普段の姿勢が重要になってきます。

普段から背筋が曲がり、猫背気味の人は背筋と腹筋が上手く使えていない可能性が高いです。

せっかく背中痩せトレーニングをして、背中とお尻の筋肉を鍛えても、普段の姿勢が悪いままでは、背中痩せトレーニングの効果がなくなってしまいます。

背中痩せトレーニングで鍛えた筋肉をキープするために、普段から背中とお尻に意識をして背筋を伸ばし、姿勢を正しておくことはとても大切なことですよ。

まとめ

寝たままでできる背中痩せトレーニングは、マットにうつ伏せで寝ながら行い、足を上に上げたり腕を体に引き寄せる運動をすることで背中の筋肉とお尻の筋肉が鍛えられます。

背中痩せトレーニングでは、背中だけではなく、お尻もキレイにスタイルアップする効果が期待でき、若返ったキレイな後ろ姿を手に入れることができますよ。

神楽坂・飯田橋のLiMEパーソナルジムの公式サイトはこちら!

全店共通!
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6262-9659

ご自宅への出張も!
お電話でのお問い合わせはこちら
03-6262-9659